これからの
会津若松市に
何が必要
ですか?

子どもから
お年寄りまで

暮らしやすいまちへ

ごとう守江
    は活動しています。

ごとう守江後援会ニュース・活動報告

令和元年7月29日 会津若松市議選2日目(⇒動画:令和元年新時代の市議会を作りましょう! )
令和元年7月28日 会津若松市議選告示。出陣式を実施。(⇒選挙戦初日の動画
令和元年6月29日 事務所開きを実施、元法務大臣 岩城光英先生をはじめ多くの方々から激励のお言葉をいただきました。
令和元年6月9日 【ごとう守江Official Website】公開開始 URL:http://gotoumorie.site
令和元年7月29日 会津若松市議選2日目(⇒動画:令和元年新時代の市議会を作りましょう! )

プロフィール

後藤 守江(ごとう もりえ)

誕生日:1979年01月31日
出身地:福島県会津柳津町
星座:みずがめ座

一般社団法人フルールドベリー 代表理事妻と小3、小1、3歳、0歳の6人家族学生時代はバレーボールで全国大会に出場。スポーツと子ども、掃除・洗濯・弁当づくり、人の世話と学ぶことが好き。

経歴
福島県会津柳津町に誕生。
町立保育所、町立小学校、中学校と過ごす。

全国都道府県対抗中学バレーボール選手権大会選手に選抜。
競技を続けること、父の会社の事業を継承する可能性もあることから、福島県立郡山北工業高校建築科へ進学。

当時はふくしま国体競技関係で、バレーボール種目の国体強化指定選手として活動。
その後、競技を離れ郡山経済専門学校行政事務学科へ進学、公務員に必要な素養を学ぶ。

1998年、卒業後に会津柳津町役場へ就職。
同時に通信制による中央大学法学部にて法律学を学ぶ。

その後、父の事業もたたんだことから、それまであった社会へ挑戦したい気持ちがより強くなり、生活に密着した生活支援サービスの提供を行うために民間企業へ転職。

車や警備、生活家電などの大手企業を経て、2013年、女性の美容サービスや家庭生活の支援を行う一般社団法人フルールドベリーの創業に参画。

その後、東北大学での起業関係講座の学びを得て、インターネットやパソコン関係、障がい者支援などの社会サービスを行うために、2018年、合同会社ゆめみらいサポートを創業。

誰もが自らの可能性を信じて、その可能性を引き出して社会へ貢献できることが必要と考えて、今日に至る。

これまでの活動と目標
  1. 命と健康を守り、心も身体も元気な地域づくり
  2. 子育てや高齢世帯を守る、地域の仕組みづくり
  3. より豊かな会津若松市へ、財源づくりと事業投資

▲ 地域交流サロンでの
家庭内救急法講座

①命と健康を守り、心も身体も元気な地域づくり
【実積】
赤十字救急法指導員や、防災ボランティアなどで活動する他、医療、介護、保育についても学び、仕事に従事。予防接種の助成を求め、議会陳情するなど活動して来ました。

【目 標】
★防災力強化と周知
★健康寿命5歳アップ!
   子ども~高齢者まで
   身近な健康づくり

▲ 食育アドバイザーと
健康づくりの活動

②子育てや高齢世帯を守る、地域の仕組みづくり
【実積】
4人の子育てパパとして、家事や育児にPTA活動など積極的に参加。市の食改善普及員や、除雪ボランティア、交流サロンの立上げなど、地域の繋がりを大切にして来ました。
【目 標】
★冬場の除雪や交通確保
★単身高齢者や核家族
   への家事支援
★遊び場の充実

▲ 進学資金説明会にて
    進学チャンスを後押し! 

③より豊かな会津若松市へ、財源づくりと事業投資
【実積】
ファイナンシャルプランナー(お金の専門家)や行政職での経験から、家計や進学、就業相談など総合的な生活相談を行なって来ました。解決策として、仕事や資金づくりにも挑戦中。
【目 標】
★市の借金返済と財源確保
★観光客増
★仕事づくりと経営支援

▲ 進学資金説明会にて
    進学チャンスを後押し! 

③より豊かな会津若松市へ、財源づくりと事業投資
【実積】
ファイナンシャルプランナー(お金の専門家)や行政職での経験から、家計や進学、就業相談など総合的な生活相談を行なって来ました。解決策として、仕事や資金づくりにも挑戦中。
【目 標】
★市の借金返済と財源確保
★観光客増
★仕事づくりと経営支援

支援者の声

ごとう守江後援会 会長 山田 功(55)駅前町在住

私たちはごとう守江の再挑戦を応援します。

明るく温かく笑顔ある会津若松市にするため、自ら学び多くの資格を取得し、それを生かし経験を積み重ねています。
 実生活では、4人の子育てをしながら、子育て支援活動やPTA活動、地域のボランティア活動にも積極的に参加し、子育てで大切なものは何か、子供たちが安心して笑顔で暮らせる地域にするには、どうすれば良いのか?を考え行動に移しています。
 「考えたら、一歩前に出るだけ。動かなくては、何もはじまらない。」と言う彼の『行動力』。そしておごり高ぶらず、謙虚で誠実。そんな守江君だからこそ良いところを伸ばし、必要なところは改革し、子どもから高齢者まで明るく住みよいまちづくりをしてくれるものと信じております。

K・Kさん(40代PTA役員) 一箕町

ごとうさんの思いのままに活動してほしい。

「子どもの命と健康を守ることを通して、若い世代にも身近な会津若松にしてほしい。ごとうさんには自分の思いをそのままに活動してほしい。目の前のことを簡単にシンプルに・・・。」

K・Sさん(30代子育てママ)日吉町

子育て支援策の向上を!

産前産後利用できる「思いやり駐車場」の使用期間を冬は特に辛いので伸ばしてほしい。
ごとうさんは4児の子育て真っ最中、子育て支援策の向上に期待します。雪が積もると、どうしてもこもりがちになってしまい、子どもたちの遊び場を探すのが難しい。赤ちゃんを抱っこして上の子を連れて行ける遊び場が増えるといいなと願っています!

J・Gさん(80代ひとり暮し女性)居合町

高齢者支援の充実を!

「守江さんはよく活動されているので市民市民の声をよく聞き、持っている知識をたくさん生かしてほしい。宅地内の除雪を希望、また高齢者の交通手段を設けてほしい。子ども食堂は聞くが、高齢者は買い物や食事など、どうしているか気になるので、高齢者の宅配弁当などができないでしょうか。」

なかよし会 代表 栗城美保さん(60代女性)千石町

赤ちゃんからお年寄りまで笑顔あふれるまちづくりを!

「新しい時代の始まりに心が通いあう住みよい地域づくりを期待し、現状や課題を伝え、赤ちゃんからお年寄りまで笑顔溢れるまちづくりを期待し、応援します。」

高塩祐さん(30代店長男性)日吉町

若者が残りたいと思う会津を!

「まちづくりの活動を応援したい!
若者離れが増えている会津を変えてもらえたらうれしい!」

H・Sさん(30代独身女性)一箕町松長

ごとうさん、頼もしい!

「守江さんは日頃から市民の立場に立って物事を考えているので、そこが素敵なところだと思う。市民に寄り添う今の姿勢のまま頑張ってほしい。市民の代表として心強く感じる!!頼もしい。」

T・Hさん(50代)

少子化解決のための企業誘致を!

会津若松市は何を目指してるのか何に力を入れているのか分かりづらい。
東日本大震災の避難者に対するいじめなどが多発してるのが残念。
親の責任もあるが目の届かない学校や友達関係を信じたい。
ごとう守江さんには国政まで行ってもらって会津に新幹線とスターバックスを誘致してほしい。
人口減少の方向にある中で除雪は今後も大きな問題。
少子化が1番の原因だ。それを解決してほしい。医療費の控除や学費の向上等も大切だが、せっかく育てても都会に出ていかれると子供の人生には干渉できないにしても、大企業、つまり安定した給料をいただける企業の誘致は大切だと思う。

Y・Sさん

子育て世代代表としてごとうさんに期待します!

同世代の子育て世代代表として、少子化対策、子育て支援、健康維持するための取り組みや検診の推奨などの取り組みに期待する。障害者支援制度の充実もお願いしたい。

K・Sさん(30代子育てママ)日吉町

子育て支援策の向上を!

産前産後利用できる「思いやり駐車場」の使用期間を冬は特に辛いので伸ばしてほしい。
ごとうさんは4児の子育て真っ最中、子育て支援策の向上に期待します。雪が積もると、どうしてもこもりがちになってしまい、子どもたちの遊び場を探すのが難しい。赤ちゃんを抱っこして上の子を連れて行ける遊び場が増えるといいなと願っています!

ご声援・お問合わせ

ひとりでも多くの方々の応援をお願いしています。
あなたの声をお聞かせください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

事務所・後援会の情報

ごとう守江後援会 事務所

住所 福島県会津若松市一箕町松長1丁目
1-18
TEL 0242-85-6905
FAX 0242-85-6891
FAX 0242-85-6891